週末美術部員

素人の美術だより。

【展示会】「とんぼ と のりしろ」(杉戸洋)

 

「抽象と具象を行き来するような作品。」

 

そう紹介されている杉戸洋という人の作品が気になり

上野の東京都美術館で行われている展示会に足を運んだ。 

www.tobikan.jp

 

 

あそびごころと、

バランス感覚と、

それと喪失感を持つ人。

杉戸さんの作品を見ていて、そんな印象を受けた。

 

深みのある赤や青、緑とバランスよく崩れたモチーフは

観ている人を違う世界へ引き込む。

次から次へ目移りするファンタジックな世界。

絵画の表面のザラつきや凹凸、筆の向かう方向から、

描かれている空間やものを感じる。 

目の前にある物との戯れに没頭する無垢な作者の遊び心に

自然と微笑んでしまう。

 

その世界に突如現れる写実的な光景と色のないパーツ。

ファンタジックな世界に入り込んでいたのに、

突然現実の世界に引き戻される。

現実の世界に引き戻されると、

ただ虚構感と喪失感にかられる。