週末美術部員

素人の美術だより。

【映画】恋せども、愛せども(監督:堀川とんこう)

「恋せども、愛せども」

唯川恵の小説を映画化した作品。

色々な理由からとある女性に育てられることになった二人の姉妹。

姉妹といえども、父・母が違う、性格も真逆な二人。

姉妹、姉妹を育てた母、そしてその母の母。

大人の女性、4人の生き様を描いた作品。

 

「ども」

この接続助詞がこのお話の結論、そう思う。

ヒットドラマのような綺麗なハッピーエンドは、現実の世界ではそう多くない。

みんないろんな事情があって、

それでもその中に自分なりの意味を見出しながら今日を生きる。

その積み重ねがきっと人生なんだろうな、と最近思う。

この映画に出てくる女性は、

現実を受け止め、

自分のために、今日を生きている。

現実を受け止めることも、

自分のために生きることも、勇気がいる。

 

まっすぐな思いが報われないことがわかっていても、

自分の思いを一番に、直向きに恋をする、愛する、取り組む。

そんな女性を描くこの映画は、

世の中の女性をそっと勇気づけてくれる。